「勉強で人生を変えていく」をモットーに京大出身ビジネスマンがお得でハイリターンな勉強をおすすめするブログ

効率を考える

インターリーブ勉強法は本当に効果があるのか!?

投稿日:

ダイヤモンド社 より、2015/12/10に出版された『脳が認める勉強法』(ベネディクト・キャリー (著), 花塚  (翻訳))にインターリーブ勉強法が提唱されており、話題になっています。

 

今回の記事では、インターリーブ勉強法とはどんな方法なのか、これまで良いと信じられていた反復学習とどう違うのか、そして、その効果についての私の考えを説明していきます。

 

そもそもインターリーブとは

インターリーブという言葉はなかなか聞き慣れない言葉ですよね。最初にインターリーブとは何なのかから説明していきます。

 

インターリーブは、インターリービングとも呼ばれており、英語ではInterleavingと書きます。もともと計算機科学などで使われていた専門用語で、データをあえて不連続な形で配置することで、性能を向上させる技法のことを指しています。

 

インターリーブの考え方が、計算機科学から一般化され、他の分野にも展開されてきているということですね。連続してものごとが進んでいる間に、あえて何か不連続なものを入れることで、効果を増大させるという考えです。

 

学習方法にはどのように適用されるのか?

次に、このインターリーブの考え方がどのように学習方法に取り入れられるかについて説明します。

 

先程、話しましたとおり、インターリーブとは、「連続してものごとが進んでいる間に、あえて何か不連続なものを入れること」です。しかし、気をつけなければならないのは、この不連続は全くの不連続ではなく、ちょっと違うことをやる、というのが重要なところです。

 

たとえば、野球の練習で言うと、ずっとバッティング練習をしていたところに、間にバント練習を入れたり、走塁練習を入れたり、守備練習を入れたりという具合です。

 

勉強で言うと、英語でリスニングの勉強をずっとやっていたところに、単語の勉強をちょっと挟んでやる、文法の勉強を入れるという勉強法になります。

 

従来は、同じことをひたすら繰り返す反復学習、これはブロック学習と呼ばれていますが、ブロック学習をすることで効果が出ると信じられていたので、インターリーブ学習法は斬新な考え方ということです。

 

インターリーブ勉強法についてご理解いただけましたでしょうか?

 

インターリーブ勉強法は効果があるのか?

私は、効果があると考えます。ただし、あくまで本流の勉強がある中に、間にはさむものがあるという全体の流れは大切にすべきです。

 

つまり、リスニングの勉強をしていた中に、単語勉強を入れるとする場合、単語勉強をやってそのまま単語勉強をずっと続けて、リスニングに戻らないのは、あまりお勧めできません。

 

勉強はある程度計画に従って進めた方が良い側面があります。特に、忙しい社会人にとっては、計画に沿って進めるのは重要ですから。

 

なぜ、インターリーブ勉強法は効果があるかについて、私の考えを説明します。

 

間に違う勉強を挟むことで、脳に刺激が加わる

同じことをずっと続けていると、飽きがきてしまいます。脳は興奮状態にあると、ものごとを記憶しやすくなる性質があります。同じことを続けて、脳の興奮状態が維持できれば、没頭してやり続けるのも一つの手です。

 

しかし、どうしても飽きがきてしまい、なかなか集中できないという時は、間に別な勉強をはさんでやることで、脳に刺激が加わり、集中力がアップするということがあります。

 

インターリーブ勉強法を取り入れることで、こういった効果が見込めますね。

 

反復を繰り返すことにより記憶が定着しやすくなる。

脳は繰り返し、インプットされた情報が重要な情報と認知して、長期記憶としてとどめる性質があります。

 

このインターリーブ勉強法を使い、短い時間でも何かを入れることで、その情報に触れる頻度が高くなります。これは反復学習の頻度を増やし、反復の効果を増大させています。

全体として見た時に、あるタイミングでしか復習をしないというよりも、こまめに何度も復習する方が、学習効果が高いことが知られています。これをエビングハウスの分散効果と言ったりしています。

 

まとめ

この記事では、『脳が認める勉強法』で提唱されたインターリーブ勉強法について説明しました。

 

結論として、私は次の2点からインターリーブ学習法は効果があると考えています。

  • 間に違う勉強を挟むことで、脳に刺激が加わる
  • 反復を繰り返すことにより記憶が定着しやすくなる。

 

インターリーブ学習法と反復学習(ブロック学習)は対立する概念ではなく、うまく両者を織り交ぜることが重要ですよね。両者の良いところを取り入れていくという考え方です。

 

こういった最新の情報も取り入れながら、勉強法を磨いていってください。

 

 

ランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。

 

資格・スキルアップランキング

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

-効率を考える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

勉強を効率的に進められる人は知っているたった2つのコツ

勉強を進めていて、よく悩んでしまうのが、 この勉強法で続けて本当に効果が出るのか? ということだと思います。   一生懸命やればやるほど不安になりますし、1ヶ月、2ヶ月続けても大きな効果が見 …

社会人におすすめできるインターリーブ勉強法の具体的な使い方

第一線の科学者に取材した脳科学の情報をベースにして、効率の良い勉強法を提案した『脳が認める勉強法』にインターリーブ勉強法がとりあげられています。 脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実! …

社会人の勉強はスピード勝負!新人でやっておくべき2つのことを京大出身者がシンプルに語る

社会人になると、学生の頃までとは違って放り出された感じを受けることがあります。 仕事の面ではOJTや研修などで業務の内容や基礎的な素養、気をつけておくべきことなどは一通り教えてもらえるかもしれません。 …

勉強の効率急上昇!知らないと損するすぐに実践できるたった1つの方法

勉強を効率的に進める大事な考え方を紹介します。   それは、「全体から部分」に入るということです。   参考書を手に取ったときに1ページ目から一字一字細かく読んで覚えていく人をよく …

勉強で成果をあげていくために必要な3つ!集中力編

勉強で成果をあげていくために何が必要でしょうか?   私は次の式に集約されていると考えています。   勉強の成果 = 集中力 × 方向 × 時間   この式は足し算ではな …




管理人:Percy(パーシー)

・大手企業勤務
・京都大学物理工学研究科修士卒
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・QC検定準1級
・モットー:勉強で人生を変えていく
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなど気のおもむくままに。

プロフィール詳細はこちら


英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

夢中になれるから無理なく続けられる魔法のようなアプリ。続かなくて困ってきた方必見のアプリです。

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

TOEIC界の超人気カリスマ講師がTOEICの攻略方法を徹底解説。今からTOEIC勉強始める方は一度は見ておきたい講義が満載です。

着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。