「勉強で人生を変えていく」をモットーに京大出身ビジネスマンがお得でハイリターンな勉強をおすすめするブログ

TOEIC800点攻略法

TOEIC(トイック)800点とって良かった20個のことを一気に紹介します

投稿日:

Pocket

2018年1月2日更新

私は社会人になってから、ある程度の期間、TOEIC700点弱の点数をいったりきたりしていました。

昇格試験にTOEICの点数が加算されるということで、3ヶ月ほど集中して勉強して、800点を突破しました。そして目標の800点超えを達成することができました。

なぜ800点を超えられたかというと、一番の要因は本気で800点を越えようとしたからということにつきます。本気だったので、良い勉強法を知るために研究しましたし、単語も今まで以上にしっかり覚えました。

このブログをご覧頂いている方の中にも、なかなかTOEICのスコアが伸びなくて困っている方もおられると思います。最終的に、そこまでTOEICのために勉強して何かいいことはあるの?とどこかで勉強時間をセーブしてしまっているところがあるのはないでしょうか?

そんなみなさんにTOEICの勉強のモチベーションをあげられるように、この記事では、TOEICのスコアが800点を超えて良かったと感じることを紹介していきます。

この記事を読むことで、TOEIC800点を超えることのメリットを知り、モチベーションを高めることができます。

 

TOEIC800点を超えて良かったことは何?

1.英語ができる人というアピールになり、英語の仕事が回ってくるようになった

1つ目は、英語ができる人と周囲から認識してもらうことで、英語の仕事が回ってくるようになったということです。

サラリーマンの方はご存知だと思いますが、企業勤めの場合、周囲からの評判はとても重要です。もちろん、中身も伴わないといけないのですが、中身があっても、周囲に認知されていなければほとんど意味はありません。それがサラリーマン社会の現実です。

TOEIC800点は、TOEICのスコア持っている人でも10人に1人しか到達していません。

それだけインパクトがあるスコアということです。

だから、単純にTOEIC800点=英語ができる人」という図式が出来上がります。

TOEIC700点では、このあたりは弱いですね。まあ、TOEICの勉強頑張ったんだね、という印象になります。ちなみに700点は10人に4人くらいの割合になります。

800点までいくと、英語ができるんだな、という印象に変わります。英語ができる人という認識を持たれると、英語を使う仕事ができるチャンスが巡ってきます。

私は、海外赴任の経験はありませんが、国内で海外の人が来る際に対応をお願いされることは増えました。こういった経験を積み重ねていくうちに、英語力はどんどんアップしていきます。

まさに雪だるま式ですね。英語が上達していく良い循環が回っている状態です。

 

2.英会話の基礎力をつけることができた

TOEIC800点に必要なレベルは次のように言われています。

 

リーディング

英文法・英文読解の基礎を習得しています。 

そのうえで、仮定法、分詞構文、WouldやCouldなどの丁寧表現の使い分けなど、難易度の高い英文法表現もしっかり理解しています。 

職場においては、社内の英語資料を読み解くことが出来、業務に必要な文章を読んで理解できます。 

業務に関連する内容であれば、インターネットから必要な情報を入手することもできるでしょう。

 

リスニング

英語を日本語に訳すことなく、英語のままで理解することが出来ます。

英語を英語のままで理解出来ないとなると、少し速く英語を読み上げられるとまるで聴き取れなくなります。

職場においては、Native English Speakerの同僚がゆっくり話してくれれば、議論に参加できるレベルです。

英語で話す練習をしたことがない人の場合は話すことは出来ませんが、話している内容を理解することは出来ます。

職場以外の一般的な場面においては、一対一の会話であれば、ほぼ問題なく聴き取れます。

 

たしかにこれくらいのレベルには達しているかな、という印象です。こういったリーディングやリスニングの力は英会話を進めていく上での基礎力となります。

この基礎力を持っていない中で英会話を勉強しても上達は極めて遅いです。TOEIC800点レベルの単語力、文法力、リスニングの力をつけることで、英会話の基礎をつけることができたのは非常に良かったです。

TOEICという締め切りがあり、数値が見える化されているものがあるからこそ、必死に勉強できたと思います。

 

3.仕事ができる人という認識を持たれるようになった。

TOEIC800点は仕事の能力をはかる物差しではありません。

忙しい社会人生活を送りながら、自分の生活をコントロールして、TOEIC800点という結果を出す、ということは周囲から見てすごいことです。

職場でTOEICの話題になって、わたしがTOEIC800点を超えていると話すと、「よく勉強時間を作れたね」「よくそこまで勉強できたね」といような時間管理の面で驚かれることが多かったです。

「自己管理能力がある人」、そして「仕事を管理する力がある人」という認識を持たれるようになりました。たしかにTOEICに限らず、仕事をしながら何かの勉強を真剣にする場合、管理能力が求められるのは言うまでもありません。皆さん、そのあたりは分かっているということですね。

TOEIC800点そのものが日本語の業務とは関係ありませんが、自己管理能力をはかる指標として有効に働くのは間違いありません。

私も、TOEIC800点をとっている人を見かけたら、「この人は自己管理能力がある人なんだな」という認識を無意識で持っていますね。

 

4.英会話の勉強にすっきり移行できた

TOEIC700点前後では、まだTOEIC頑張らないといけないよな、という気持ちがどこかにありました。

何かすっきりしない感覚があったんですよね。

これが、800点を超えてからは、TOEICは卒業したという感覚を持てました。

(2018年1月2日追記:この記事を書いて以降、個人的な趣味の面でTOEIC900点を目指して勉強を始めるようになりました。しかし、サラリーマンとしては基本的にTOEIC800点を超えていれば卒業と考えてよいという認識に変わりはありません。)

800点をとってしまえば、外資系企業で働いたり、英語を主体にして働くのでなければ、十分な点数です。

900点を目指すのももちろん良いですが、コスパを考えると、次は別の勉強をすることをおすすめします。

私は、800点を超えてからは、TOEICの勉強はせず、英会話を磨いています。次は、英会話とやることが明確になったのも良かった点ですね。

 

5.勉強の方法を教える機会が出てきた

TOEIC800点を持っていると、「どうやって勉強したら、800点とれるの?」と聞かれることが多くなりました。

飲み会の席、休憩時間、いろいろな場面で聞かれます。

そういった際に、勉強方法やおすすめの参考書を教えることで、周りの人の役に立つことができます。

TOEIC800点というのは、一つの自己ブランディングですね。

 

6.知り合いが増える

TOEIC800点をとると、海外の人対応をすることが増えたり、周囲の人に勉強法を教える機会が増えるとお話しました。

そういった中で、これまで知り合えなかった人と知り合うことが増えてきました。

これも800点を超えたことで得したことですね。

 

7.自信がつく

TOEIC800点をとったことで次のような自信を持つようになりました。

目標としていた800点というスコアを達成した

英語力の基礎力はある

自信を持てているので、英会話の勉強も思い切ってできますし、海外の方の対応もできます。

理由もない自信をもって突っ走るのも時には重要ですが、バックグラウンドがある自信は変わることがないので、強いですよね。

 

8.行動力がつく

自信がつくことにより、行動力がつきます。

英語対応をお願いされても、今までだったら、「できないかも」という不安が多く、お断りしていたのが、断らず引き受けるようになりました。

英語を扱う業務を行っていくことで、業務のレベルがアップし、より優先度の高い業務に対応できるようになりました。

ビジネス形態にもよりますが、優先度・緊急性が高い業務は英語になってきています。

英語が使えるとそのような業務に対し、自信を持って取り組むことができますので、その行動力の結果、経験を積むことが可能になります。

 

9.勉強する習慣をつけることができた

TOEIC800点をとるために、約3ヶ月勉強したわけですが、勉強時間は、平日はほぼ通勤時間のみ、土日に3〜4時間という感じでした。

仕事もあり、家庭もありということで、満足に勉強に時間をあてることはできなかったのですが、限られた時間を勉強にあてる習慣を身につけることができました。

特に通勤時間を勉強にあてることが習慣化できたのは大きかったです。これ以降、通勤時間で他の資格試験の暗記モノの勉強したり、英会話のリスニングしたりと使えるようになりました。

 

10.ネットで勉強法を見つけて勉強時間をショートカットする方法を体得できた

TOEIC800点を越えるための勉強法は、ネットで探していきました。その中で自分の生活スタイルの中でできそうなものを選んで、実行していきました。

このように今の時代、勉強法はネットに無料で落ちています。

しかし気をつけないといけないのは、情報が多すぎてパンクしてしまうということ。私は、仕事がそこそこ忙しく家に帰ってくるのは22時くらい。家庭もあるので、土日のすべての時間をフリーに使えるわけではない。そんな状況の人が、独身の方の勉強法をそのまま使うのは難しいです。

極力、自分と同じ境遇の人を探して、その人の勉強法を参考にするのが効果的です。

このような視点を持つことができるようになったので、これ以降、何か勉強法を探す際には自分に適用できる情報を取捨選択できる力がついてきたと感じています。

 

11.後輩に公式問題集を貸すことができた

TOEICの公式問題集ってそこそこ値段はりますよね。わたしは3冊購入しましたが、周囲を見渡すと、そのお金をケチっている人をよく見かけます。10000円にもならないので、それくらい買った方が良いよ、とアドバイスしています。基本的に自分で購入した方が絶対に身につく確率があがります。

しかし、どうしても買いたくない人にはたまに貸したりしています。つい先日も、就活している後輩に貸しました。このように人の役に立てる機会を持つことができました。

 

12.TOEIC900点というレベルを目指す考えをもてた

TOEIC800点をとると、900点のレベルが見えてきます。あとどれくらい単語力、文法力、リスニング力、読解力を身に着けたらよいのかうっすらと見えてきます。そして、そこまで登ってみたいと思う気持ちが湧いてきます。

そんな気持ちが起きなければ900点目指す必要はないと思います。趣味の世界に近いものがあります。

ただ、そのようなより高みを目指す考えを持てたのは、TOEIC800点をとった良い点の1つと考えています。

 

13.英会話を極めようと真剣に考えることができた

TOEIC800点をとって、英会話を極めるというのは、TOEIC800点の勉強しながら思っていたことです。

基本的にTOEICはリーディングとリスニングの力を見る試験なので、スピーキングとライティングの力はあまりつきません。いわゆるアウトプットの力ですね。

実際の仕事で英語を使う場面では、アウトプットの力が要求されるので、本気で英会話を極めていこうと考えることができました。

本気でTOEICに向き合ったからこそ、次の目標を明確にすることができました。

 

14.資格試験の勉強の型を身につけることができた

資格試験の勉強には成功の型があります。

この型にのっかってやっていけば合格するというフレームワークです。

TOEIC800点に合格することで、時間が十分にとれない中でも資格試験に合格するためにやるべきことをやっていく、フレームワークを自分で作ることができるようになり、それ以降の試験も合格していくことができるようになりました。

 

15.子育てしながら勉強時間を作る方法を体得できた

TOEICの勉強しながら大変だったのは、子育てと勉強の両立です。平日は帰るのが遅くて、ほとんど子育てができないので、土日はしっかりというのが考えとしてあります。

そこに勉強が入ってくるので、当初このバランスが崩れてしまいました。

勉強していく中で子育てと勉強のメリハリをつけて進めることができるようになりました。子供と遊ぶときは思いっきり遊ぶ。勉強のことは考えない。ただ時間を決めて、勉強の時間になったら、子供にも事情を話して理解してもらう。

やっぱり子供にちゃんと話して理解してもらうということが重要ですね。

子供はまだ幼稚園なので、全部を理解しているわけではありませんが、何となく必要なことをやっているんだな、ということは理解してもらっています。

 

16.英語の本を読むようになった

TOEIC800点をとってからは、英語に慣れることを目的として英語の本を読んでいます。今の目標は300万語を読むということ。小説で約30冊分の分量になります。

これもTOEIC800点の基礎があるからこそ、取り組めた内容です。

 

17.勉強場所の選び方を体得できた

TOEICの勉強を進める上で勉強場所はいろいろ考えました。家にいると子供が遊んでと近寄ってくるので、なかなか勉強に集中できない時がある。子供にとっても中途半端な状態だとかわいそう。そんな時は外に出て、スタバやドトールなどでやりました。

しかし、TOEICの模擬試験の2時間をカフェで集中するのはなかなか難しく、最終的に模擬試験の勉強場所は自宅になりました。

休みの日の早朝時間を利用すると良いことがわかり、そこに落ち着きました。

カフェでは解いた問題の見直しや文法、単語の復習をやる場所にしました。

通勤の電車では、単語を覚えていく作業と、模擬試験のリスニングを聞くことにあてました。

このように試行錯誤しながら、勉強場所を考えていくことで、勉強場所にあった勉強内容を割り当てることができるようになっていきました。

 

18.集中できない時にどうやって勉強したら良いかを体得できた

勉強していて困るのは集中力が維持できないとき。勉強するモチベーションがあがらない時です。そんな時はTOEICの勉強頑張っている人のブログを見て、モチベーションを上げたり、少し外を散歩して気分転換をしました。

集中できないからやめてしまうという選択肢を作らずに最後まで粘れたのは大きかったです。

 

19.疲れた時にどうやって勉強したら良いかを体得できた

体が疲れている時の勉強は大変でした。通勤時間も何も考えずに過ごしたいなと思う日も多かったです。しかし、今を乗り切って、TOEIC800点を超えたら違う世界が待っていると自分に言い聞かせて、毎日やるべきタスクをこなしていきました。

疲れてもやるというのが答えです。

一度やってしまうとのってくることが多いことがよく分かりました。

 

20.リスニング恐怖症がなくなった

TOEIC800点とるまでは、リスニング恐怖症でした。ちょっと分からくなると、立て続けに分からない状態が続いてしまい、総倒れになってしまいます。

TOEICのリスニングでは非常に重要ですが、分からなかったらすぐに諦めて次の問題に集中する。

この切替えが運命を左右します。

この切替えを身につけられたので、リスニングに対する恐怖症を消すことができました。

 

おすすめの教材

この記事を読んでTOEIC頑張ろうと思ってもらえたら、その気持が覚めないうちにぜひ次の行動をとってください。

やろうと思ったときにやるのが成功の大原則です。

まずすべきことは、TOEICの試験申込みです。

こちらのページから申込みできます。

TOEICの申込みページ

 

そして次にやるのが教材購入です。わたしが使用して良かった教材をリストアップしておきます。

公式問題集は必須アイテムです。こちらをベースに勉強を進めていきましょう。

単語帳のおすすめはこちら。

文法はこちらの参考書がおすすめです。

プラスαのTOEIC教材としておすすめなのが、スタディサプリEnglishのTOEIC対策コースです。1週間無料で体験できますので、興味ある方はまず試してみることをおすすめします。



体験レビュー記事はこちらです。

【レビュー】評判のスタディサプリTOEIC対策コースが最強だった件

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私が実際にTOEIC800点をとって、得られたメリットを紹介させていただきました。

TOEIC800点は、ビジネスマンにとって、非常にコスパが良く、これからのキャリアを大きく変化させてくれますので、まだ取得されていない方はぜひ一歩ふみだしてみてください。

 

 

-TOEIC800点攻略法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

忙しい社会人がTOEIC800点に必要な単語力を身につける3つの方法

TOEICでは800点を狙うのがもっともコスパがよいです。あなたがこれからTOEICのスコアアップを狙って勉強しようとしているのでしたら、ぜひ800点を目標にしてください。   800点がコ …

TOEICの勉強は本当に年収アップにつながるの!?

2010年に楽天の三木谷社長兼会長が「社内英語公用語化」を宣言されて、様々な会議や朝礼などで英語が公用語として使われるようになったそうです。それに続くように他の企業も英語に力を入れる流れがあり、201 …

社会人がTOEIC(トイック)800点を3ヶ月で突破した勉強法

会社の昇格試験に考慮されるという理由で、真剣にTOEICを勉強し、目標としていた800点を突破することができました。 勉強する前のスコアは710点で、勉強期間は3ヶ月。 仕事する中で勉強時間を確保し、 …

no image

TOEICのおすすめ参考書 公式問題集

社会人になると、TOEICの受験しなければならないという方多いのではないでしょうか?TOEICの点数が昇進・昇格に必要になるという方も多くいらっしゃると思います。 どうすればTOEICで高得点がとれる …

TOEICで800点とれるリスニング力を磨く3つの方法

TOEICの勉強を進める中で、リスニングで苦労している方多いと思います。   問題数も多く、聞き取れなくてもどんどん進んでいくので、パニックになってしまうこともあります。   しか …




管理人:Percy(パーシー)

・大手企業勤務
・京都大学物理工学研究科修士卒
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・QC検定準1級
・モットー:勉強で人生を変えていく
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなど気のおもむくままに。

プロフィール詳細はこちら


英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

夢中になれるから無理なく続けられる魔法のようなアプリ。続かなくて困ってきた方必見のアプリです。

着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。