「勉強で人生を変えていく」をモットーに京大出身ビジネスマンがお得でハイリターンな勉強をおすすめするブログ

QC検定

準1級ホルダーが解説 QC検定の難易度はどれくらい?

投稿日:

Pocket

QC検定は、品質管理検定のことで、品質管理に関する知識をどの程度持っているかを問われる試験になります。

QC検定に関する詳しい試験内容や勉強法についてこちらの記事で書いてますのでご覧ください。

QC検定準1級を3ヶ月で合格した勉強法

実は、いろいろな企業で積極的にQC検定の受験が推奨されてきています。
会社に言われて試験を受けないといけない、という状況の方もいらっしゃるかもしれません。

QC検定は1級、準1級、2級、3級、4級があります。

QC検定を受験する際に迷うのは

どの級を受けたらよいか

ということですよね。

 

私は、QC検定準1級を持っています。

準1級は、1級の筆記のみ合格(論文は不合格)というものです。
論文は結構、しっかり書いたつもりでしたが、ダメでしたww

そんな筆者が、QC検定の各級の難易度を紹介していきます。

 

資格の難易度ランキングでは?

資格の難易度ランキングを紹介しているサイトを見てみると、おおよそ以下の偏差値になっています。

1級 :50
準1級:48
2級 :46
3級 :38
4級 :35以下

はっきり言うと、これはQC検定の難易度を甘く見積もり過ぎですね。

このイメージで勉強して試験に臨むと爆死する確率高いです。

TOEIC700点の偏差値は57くらいと言われていますが、TOEIC700点とQC検定1級だったら、間違いなくQC検定1級の方が難しいです。

 

私がつけるQC検定の難易度

私の場合、QC検定の難易度は次のようにつけます。

1級 :63(TOEIC800点)
準1級:57(TOEIC700点)
2級 :51(TOEIC600点)
3級 :40(TOEIC400点)
4級 :40以下(TOEIC400以下)

もちろん、QC検定とTOEICは土俵が違うので比べるのが難しいですが、両方の試験をやってきた経験で比べるとこんな感じですね。

 

1級はマニアの世界です。

出題範囲がエゲツなく広くて、実際に使うものはどれくらいあるんだろう、というレベルです。

 

出題範囲こちらを参照してください。

 

それらを一通り理解して、問題解けるようにするわけですから、相当な時間と労力が必要になってきます。

あとTOEICと違ってやりにくいのは、TOEICほど参考書が充実していない点です。

出題範囲は示されているけど、どの参考書を使ってやったら良いか分からないという声を良く聞きます。

 

QC検定で使える参考書

わたしがQC検定1級で使った参考書を紹介しておきます。
どれもちゃんと使えました。
受験する級が違う場合は、級を変えて検索してみてください。

過去問で学ぶQC検定1級

QC検定の過去問題全4回が掲載されており、詳しい解説が収録されています。
本気で受かろうとするなら、必須の参考書です。
解説が詳しいので、ある程度の基礎知識があれば、繰り返し過去問を解いていくことで合格レベルの実力をつけることができます。
しかし、基礎知識がなければ解説をいくら読んでも理解できないところも出てきます。
基礎力をつけるのは、次で紹介する「入門 統計解析法」がおすすめです。

 

入門 統計解析法

基礎力がない状態で過去問をといても、表面上をなぞっている感覚になるでしょう。
しっかりと理解するための基礎力を要請するために最適なのがこの参考書。
丁寧に読んでいけば、統計的解析についての基礎をしっかりと理解することができます。
解説が丁寧であり、例題も多くありますので、基礎固めにはかなりおすすめできる参考書です。

 

QC検定1級対応 問題・解説集

分野に分けて問題が掲載されていますので、各分野を固めていく上で参考になりました。
解説もしっかりと掲載してくれているので、勉強になります。

 

QC検定1級集中対策シリーズ

こちらも上とほぼ同じで、分野に分けて問題を掲載していて、各分野を固めていく上で参考になりました。

 

すぐに役立つ 実験の計画と解析 基礎編

こちらは実験計画法、直交表の考え方の基礎を勉強する上で使用しました。
丁寧な解説があり、問題集も豊富で基礎力をつけられます。

 

すぐに役立つ 実験の計画と解析 応用編

大分、マニアな領域に入っていきますが、1級では出題範囲に入っている分割法などの考え方を学ぶのに使用しました。
丁寧な解説と、豊富な例題で役立ちました。

 

勉強する上で気をつける点は?

QC検定の勉強する上で気をつける点は、丸暗記はあまり使えないということです。

出題のされ方を見ると、ちゃんと本質を分かっているかを問われる問題が出ます。

式を丸暗記していては、どうやって使っていいかわからなくなってしまいます。

どんな意味がある式なのかを一つ一つ理解しながら進めていくのが、近道ですね。

 

 

-QC検定
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

QC検定準1級を独学で合格する勉強法【動画付き】

QC検定の勉教をする際には、大きく分けてセミナー、通信講座、独学の方法があります。 費用的な面でいうと、おおよそ次の通りです。 セミナー:10万円程度 通信講座:2万円程度 独学:1万円程度 それぞれ …

QC検定準1級を3ヶ月で合格した勉強法

私が務めている会社ではQC検定の受験が奨励されており、昨年QC検定1級を受験しました。   受験しようと決めたのが、試験の3ヶ月前で勉強したのが3ヶ月ほど。   1級か2級か迷った …

QC検定1級に必要な参考書はどれ?3ヶ月で合格するための参考書を紹介します

QC検定1級は1次試験と2次試験があります。 1次試験は「品質管理の手法」、「品質管理の実践」の2分野があります。 2次試験は、論述問題です。 1次試験は、知識レベルを問われる問題であり、もちろんのこ …

QC検定1級の過去問の使い方を徹底解説します【動画付き】

どの資格もそうですが、QC検定も過去問をうまく利用することで合格の確率がぐぐっとあがります。 ただ、試験慣れをするために過去問を使うのはとてももったいないですよね。 わたしは、QC検定準1級を合格しま …

QC検定準1級をとって良かった5つのこと

  最近、受験者数もうなぎのぼりに増え、協賛企業数も40を超えている注目の資格がQC検定です。   Google Trendsで「QC検定」の検索ボリュームを載せます。試験が始まっ …




管理人:Percy(パーシー)

・大手企業勤務
・京都大学物理工学研究科修士卒
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・QC検定準1級
・モットー:勉強で人生を変えていく
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなど気のおもむくままに。

プロフィール詳細はこちら


英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

夢中になれるから無理なく続けられる魔法のようなアプリ。続かなくて困ってきた方必見のアプリです。

着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。