読書

【読書レビュー】『記憶力を強くする』池谷裕二(いけがやゆうじ)著

投稿日:

Pocket

 

最近、池谷裕二(いけがやゆうじ)さんの『記憶力を強くする』を読みました。

池谷裕二さんは新進気鋭の脳研究者ですが、一般向けに分かりやすく脳の最新の知見を紹介している研究者としても有名でして、多数の著作があります。

脳について知りたいと思い、5冊ほど池谷裕二さんの本を購入しました。

まず最初に読んだのが、『記憶力を強くする』という本です。

 

読書の目的

私は読書が好きなので、いろいろな本を読みたいです。

本屋に行って、いろいろな本を眺めるのが好きなので、興味のあるものをあまり目的もなく買ってしまうこともしばしばありました。

しかし、最近は、仕事、家庭でプライベートの時間は短くなっていくので、読書には目的を持たせています。

今回、『記憶力を強くする』を読んだ目的は次の2つです。

 

1.脳について知らなかったことを知る

2.脳について知ることで普段の勉強に新しい方法を取り入れる

 

脳について新しく知れたこと

脳について新しく知れたことはたくさんありました。

非常におすすめできる本ですね。

いくつか紹介します。

 

脳を鍛えることで記憶を司る神経細胞を増やすことができるというわけです。

歳をとっても、脳を鍛えれば神経細胞は増えるということです。
この事実、知ると知らないで人生大きく変わりますよね。

 

一般に、人がものを覚える時には、覚える対象によって適齢期があります。記憶の適齢期のことを脳科学者は「臨界期」とよんでいます。たとえば、聴いた音の音程(ドレミ)を正確に判断できる「絶対音感」という能力をもっている人がいます。じつは、この特殊な能力を体得できる臨界期は3〜4歳です。
言語を覚える能力は、6歳くらいまでがとくに高いことが知られています。
10歳の頃の子供は、論理めいたことでなく、むしろ意味のない文字や絵や音に対して絶大な記憶力を発揮します。逆に、中学生になる頃にはエピソード記憶が完成され、論理だった記憶力が発達してきます。

ちょっと長い引用でしたが、この事実も目からウロコでした。
わたしは2人の子供がいますが、まさに耳から聴いた音を覚える力が半端ないです。

車では英語のCDを聞かせていますが、覚えた単語の発音がすさまじく良い。
こういったことを知っていると子育てにも応用できますね。

 

新しく取り入れられそうな勉強法

この本を読んで新しく取り入れようと思った勉強法は、

 

大局を理解してから、細部を理解する

 

というものです。

いきなり細部にいくより、大局を理解してから細部にいった方が良いことは何となく経験から分かってはいました。

が、、

この本では、ネズミを使った有名な実験である「オペラント条件づけ」の方法が示されていて、効率よく学習する方法がとても分かりやすく理解できました。

このうち、一番重要だと思ったのが、「大局を理解してから、細部を理解する」というものです。

スキナー箱とよばれる装置に入ったネズミの動画です。

 

スキナー箱の中では、ブザーが鳴った時にレバーを押すとエサが出る仕組みです。

順を追って、ネズミにこの原理を記憶させていく実験なんですね。

 

最初は何がなんだかよく分からないネズミがあるとき、偶然にレバーを押してエサにありつく。

もう一回レバーを押すと、またエサが出て来る。

これを繰り返すと、ネズミの頭の中には、「レバー=エサ」の式ができてきます。

そして、レバーを何度も押すようになります。

 

ここで次の段階に移行します。

ブザーが鳴ったときにレバーを押してはじめてエサが出るようにします。

すると、最初はやみくもにレバーを教えていたネズミがだんだんとブザーが鳴った時にレバーを押したときだけエサが出ることを知ります。

そして、「レバー+ブザー=エサ」の式を覚えるようになります。

 

このように、まずはレバーとエサの関係を覚えてから、ブザーを追加する方が、いきなり、レバー、ブザー、エサの3つをあわせて覚えさせるよりもはるかに効率的なことが知られています。

 

この事実は、いきなり細部に入って学習していくよりも大まかに全体を見て、段々と細部に入る方が効率的な学習であることを示しています。

なんと、段階的に学習させていくことで、ネズミはブザーの音程も区別をつけられるようになっていくということです!

それくらい、大まかなものから始めて、段々と細部に入ることが重要ということですね。

 

何か参考書を読み始める時は1ページ目から細かくやり始めるよりは、大まかに全体構成を理解して、パラパラと見て、2周目にもう少し詳しく見る、3週目にさらに詳しく見る、と何回も繰り返しながら、細かいところに入っていく方が効率的ということです。

 

Today’s practice

 

勉強する際は、大局を理解してから、細部を理解していくべし

 

 

-読書
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【読書レビュー】毎日ブログを更新する意味を考えてみる

最近、仕事が忙しく帰る時間が遅くなっています。 どんなに忙しくても毎日ブログを更新しようと思っていて …

英会話を独学で勉強するのにおすすめできる本を紹介します『村上式シンプル英語勉強法』著:村上憲郎

  英語を独学で勉強していくのに、とても参考になる本を読みましたので、記事にします。 『村 …

お金をかけずに読書ならAmazon PrimeReading(プライムリーディング)が圧倒的におすすめ

わたしは読書好きで、そこそこの量を読んでいます。 正確に数えたことはありませんが、月に5冊以上のペー …

『すべての教育は「洗脳」である』(堀江貴文)から「学び」について考える

堀江貴文さんの『すべての教育は「洗脳」である』を読みました。 すべての教育は「洗脳」である 21世紀 …

『東大教授が教える独学勉強法』を読んだ感想

最近、『東大教授が教える独学勉強法』という本を読みました。 東大教授が教える独学勉強法 (草思社文庫 …

英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

【期間限定!先着10名】こちらのブログから申し込まれた方は先着10名の方にAmazonギフト券1000円プレゼント実施中!詳しくはこちらの記事をごらんください。

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

管理人:Percy(パーシー)
・京大院卒
・センター試験偏差値70超え
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・モットー:勉強で人生を変えていく
・自称:勉強オタク
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなどなど
・勉強を本業と副業にリンクさせ、5年で年収が500万円UPしました。本業、副業で年収UPにつながる勉強ノウハウや投資、お金についてのお得な情報を紹介しています。

3ヶ月でTOEIC600点台から850点をとったわたしが、TOEIC800点獲得のための効率的な勉強ノウハウと対策をLINE@読者限定で配信しています!

友だち追加




着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。