「勉強で人生を変えていく」をモットーに京大出身ビジネスマンがお得でハイリターンな勉強をおすすめするブログ

QC検定

QC検定1級に必要な参考書はどれ?3ヶ月で合格するための参考書を紹介します

投稿日:

Pocket

QC検定1級は1次試験と2次試験があります。

1次試験は「品質管理の手法」、「品質管理の実践」の2分野があります。
2次試験は、論述問題です。

1次試験は、知識レベルを問われる問題であり、もちろんのこと、QC検定の中では最も難易度が高く、出題範囲が広いです。はじめて勉強しようと思って、出題範囲を調べるとその範囲の広さにびっくりしてしまいます。

そして悩んでしまうのが、どの教材や参考書を使って勉強したら良いのかということです。過去問や模擬試験はありますが、出題範囲を網羅したテキストや教材は僕の知る限り良書といえるものはありません。この記事では、わたしが3ヶ月でQC検定1級の知識レベルを獲得するために使った参考書や教材を紹介します。

 

QC検定1級の内容は?

QC検定は1〜4級まであります。1級・準1級で認定する知識と能力のレベルです。

引用:https://www.jsa.or.jp/qc/qc_level2/

 

QC検定1級・準1級は、周囲を巻き込みながら、組織の問題を解決していくリーダーになるために必要な品質管理に関する知識や品質管理活動を展開できるレベルが求められているということです。
かなり高いレベルを要求されていることが分かります。

 

QC検定の出題範囲は?

次にQC検定の出題範囲ですが、こちらのリンクでご確認いただけます。(2017年12月15日更新)

品質管理検定レベル表

 

表の中に記載されていますが、「1級・準1級の試験範囲には2級、3級、4級の範囲も含みます」にご注意ください。つまり、1〜4級の全てが出題範囲ということです。

どひゃっ!!

となってしまいますよね。

大きく分類分けをすると、「手法」と「実践」の項目は次の通りです。

 

「手法」の出題範囲

統計的検定・推定
回帰分析
管理図全般
抜取検査方式
実験計画法
信頼性工学
品質機能展開
新QC七つ道具
パラメータ設計
多変量解析
品質管理周辺の手法に関する基礎知識
その他手法(確立計算、サンプリング)

「実践」の出題範囲

全社的品質管理活動
品質マネジメントシステム活動全般
方針管理
部門別管理、機能別管理
各ステップにおける品質確保活動
改善活動
品質管理に携わる人の倫理
SR(社会的責任)
品質管理周辺の活動に関する基礎知識
その他実践(品質の概念)

 

「実践」分野の参考書

まず最初に「実践」分野の参考書を紹介します。

「実践」分野については、次の3つの参考書や過去問を全問正解できるまで繰り返しやりました。
繰り返してやればできるようになりますので、「手法」に比べると手間はかかりません。
パワー配分で言うと、「実践」:「手法」=3:7のイメージでした。

 

「手法」分野の参考書

「手法」分野は参考書を集めるのに苦労しました。

「実践」分野で紹介した参考書や過去問にあわせて購入した参考書は次の通りです。

この本は、統計解析の基礎となる、「検定と推定の考え方」、「分散分析」、「相関分析」、「回帰分析」などについてとてもわかりやすく解説されているとともに、例題が豊富にあるので、それを解いていくことで理解できる構成になっています。とてもおすすめの参考書です。焦ってやるよりは、まずこの1冊をじっくりやってそれぞれの項目を理解することが近道です。基礎知識を持っているという方でも一読の価値あります。

しかし、QC検定1級の出題範囲のうち、この本一冊で網羅できるのは、「統計的検定・推定」と「回帰分析」です。それ以外の項目で特に重要な「実験計画法」は別な参考書を用意する必要があります。
わたしが使用したのは次の2冊です。

こちらの本も解説が丁寧で、例題も豊富にあるので、じっくり読んでいけば理解できます。

これらの本でも出題範囲はカバーしきれていません。それ以外の項目は過去問をやっていただけたらわかると思いますが、ある程度表面的な知識がわかっていれば解ける問題が多いです。わたしの場合は、ネットで関連するキーワードを調べて、情報収集していきました。ただし、上記3つの参考書は極力しっかり理解して、基礎力を持っておいた方が良いです。ネットで収集した情報で役立ったものをあげていきます。

 

生産工程管理者育成 テキスト クオリティ・マネジメント 講義・演習 編 第2章 データ解析と QC7 つ道具

QC7つ道具について丁寧に解説されています。

 

クラスター分析

クラスター分析について一通りの解説がされています。

 

数量化 1 類

数量化 1 類 の解析手順の説明

数量化 2類

数量化 2類 の解析手順の説明

数量化 3類

数量化 3類 の解析手順の説明

主成分分析

主成分分析の概要説明

管理図

著者:三浦新 日本規格協会

 

信頼性工学・ フェールセーフ、フールプルーフ

フェールセーフ、フールプルーフの考え方が解説されています。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事では、QC検定1級の1次試験に必要な知識レベルを習得するための参考書や過去問を紹介しました。正直、ここに掲載した情報だけでも十分に出題範囲をカバーできているわけではありません。

しかし、いきなり手広くやるよりは、しっかり基礎を理解した上で、広げていくのが良い進め方になると思います。

 

 

-QC検定
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

準1級ホルダーが解説 QC検定の難易度はどれくらい?

QC検定は、品質管理検定のことで、品質管理に関する知識をどの程度持っているかを問われる試験になります。 QC検定に関する詳しい試験内容や勉強法についてこちらの記事で書いてますのでご覧ください。 QC検 …

QC検定1級の過去問の使い方を徹底解説します【動画付き】

どの資格もそうですが、QC検定も過去問をうまく利用することで合格の確率がぐぐっとあがります。 ただ、試験慣れをするために過去問を使うのはとてももったいないですよね。 わたしは、QC検定準1級を合格しま …

QC検定準1級を独学で合格する勉強法【動画付き】

QC検定の勉教をする際には、大きく分けてセミナー、通信講座、独学の方法があります。 費用的な面でいうと、おおよそ次の通りです。 セミナー:10万円程度 通信講座:2万円程度 独学:1万円程度 それぞれ …

QC検定準1級を3ヶ月で合格した勉強法

私が務めている会社ではQC検定の受験が奨励されており、昨年QC検定1級を受験しました。   受験しようと決めたのが、試験の3ヶ月前で勉強したのが3ヶ月ほど。   1級か2級か迷った …

QC検定準1級をとって良かった5つのこと

  最近、受験者数もうなぎのぼりに増え、協賛企業数も40を超えている注目の資格がQC検定です。   Google Trendsで「QC検定」の検索ボリュームを載せます。試験が始まっ …


英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

夢中になれるから無理なく続けられる魔法のようなアプリ。続かなくて困ってきた方必見のアプリです。




管理人:Percy(パーシー)

・大手企業勤務
・京都大学物理工学研究科修士卒
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・QC検定準1級
・モットー:勉強で人生を変えていく
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなど気のおもむくままに。

プロフィール詳細はこちら

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

TOEIC界の超人気カリスマ講師がTOEICの攻略方法を徹底解説。今からTOEIC勉強始める方は一度は見ておきたい講義が満載です。

着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。