「勉強で人生を変えていく」をモットーに京大出身ビジネスマンがお得でハイリターンな勉強をおすすめするブログ

有名人から学ぶ超一流勉強法

「西郷(せご)どん」大河ドラマの主人公 西郷隆盛の名言で勉強の姿勢を見直そう

投稿日:

Pocket

2018年1月7日からNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」がスタートします。

西郷(せご)どんの主人公『西郷隆盛』は維新三傑(さんけつ)と評されるほどの人物であり、明治維新の最大の功労者と言われています。

わたしは大の幕末ファンで、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』は何度も読みました。

「西郷どん」のスタートにあたって、西郷隆盛の生涯や名言について調べてみました。やはり、学べることが多く、勉強をしていく上でも気をつけたいこともありましたので、紹介していきます。

 

西郷隆盛の生涯

簡単に西郷隆盛の生涯について触れておきます。

出身:薩摩藩
生年月日:1828年1月23日
没年月日:1877年9月24日
年齢:満49歳没

 

薩摩藩の出身。通称は、西郷吉之介。愛称は西郷どん(せごどん)、西郷さぁ(せごさぁ)、うどさぁ。

維新の三傑(西郷隆盛、大久保利道、桂小五郎)の一人であり、明治維新最大の功労者。
維新後は、軍人であり政治家。

薩摩藩内では下級武士であったが、稀代の名君・島津斉彬に見いだされ、強い影響を受ける。

斉彬の亡き後、藩の実権を握った島津久光とは折り合わず、2度の島流しにあうなど、順風満帆な出世ではけしてなかった。

小松帯刀や大久保利通の尽力により藩政に復帰した後は、緊迫する日本の政情の中で、禁門の変、長州征伐、薩長同盟、王政復古、戊辰戦争、江戸城無血開城など主要な局面でことごとく活躍。

大久保利通とともに、政局を主導する。明治維新後は、いったん薩摩に帰郷、隠遁生活を送るが、新政府側の強い要請により参議として政界に復帰。

また、陸軍大将および近衛都督を兼務することで、日本の軍隊の最高責任者となる。

明治6年の征韓論では、盟友であった大久保利通との政戦に敗れ下野。

ふたたび鹿児島に戻り、教育に力を注ぐ(私学校)。

私学校生徒の暴動に端を発した西南戦争(明治10年)では、指導者として担ぎ上げられるが、敗北。自刃する。

将器の才では幕末筆頭。古今でも類を見ない。

その飾らない性格は明治天皇にも愛されたとする一方、「西郷どんの人望好き」(大山巌)と評されるなど、人物評価は今なお分かれている。

 

幕末ガイドより引用

坂本龍馬が西郷隆盛と初めて会った際の感想として、次のような記録が残っています。

「西郷というやつは、わからぬやつでした。釣り鐘に例えると、小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く。もし、バカなら大きなバカで、利口なら大きな利口だろうと思います。ただ、その鐘をつく撞木が小さかったのが残念でした」

さすが、坂本龍馬、上手い表現を使っていますが、西郷隆盛のことを「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く」という第一印象を持っています。底が見えない恐ろしさがあったのかもしれません。

 

西郷隆盛の残した名言

「敬天愛人」

「徳に勤むる者は、これを求めずして、財自(おのず)から生ず。」

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)を共にして国家の大業は成し得られぬなり。」

「小人は己を利せんと欲し、君子は民を利せんと欲す。己を利する者は私、民を利する者は公なり。公なる者は栄え、私なる者は亡ぶ。」

「人を相手にせず、天を相手にせよ。」

「己を尽くして人を咎めず。我が誠の足らざるを常にたずぬるべし。我を愛する心を以って人を愛せ。自己を許すが如く人を許せ。人を責めるが如く自己を責めよ。」

 

この中でも「敬天愛人」は西郷隆盛が自己修養の指針としての考え方が含まれている重要な言葉です。

他の名言でも、西郷隆盛の言葉の中には「天」という言葉が出てきますが、「天」は、「真理」「神」「宇宙」を指していると言われています。

常に普遍的な真理を重要視している姿勢がわかります。

この「敬天愛人」を座右の銘としている経営者は多くおられ、稲盛和夫さんもその一人です。

稲盛和夫さんが創業した京セラの社是は、

”敬天愛人”

「常に公明正大 謙虚な心で 仕事にあたり 天に敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心」

です。

稲盛和夫さんは西郷隆盛さんの考え方に大きく同調されたのでしょう。

 

西郷隆盛の名言から学ぶべきことは?

西郷隆盛の名言は「天」という単語にも表れているように、普遍的なことを言っている言葉が多いですよね。

150年余り前と現在とでは時代は大きく違いますが、根本的に変わらないものがあります。今の時代でも大切にすべき考え方を投げかけてくれています。

「小人は己を利せんと欲し、君子は民を利せんと欲す。己を利する者は私、民を利する者は公なり。公なる者は栄え、私なる者は亡ぶ。」

自分のこと、自分の企業のことだけを考えているといつかは滅びるという教えは、最近の様々なニュースを見ていても痛感することです。

本当のところどんな思いをもって経営をしているかが、どこかであらわになる、そんな世の中になってきていますから。

話を勉強にリンクさせると、結局のところ、何のために勉強をするかということですよね。

 

それが単純に自分だけの利益でとどまっているのか、
それともそこを突き抜けて、公の利益まで真剣に考えられているのか。

勉強で得られた知識、技術は何のため、誰のために使うのか?

 

とういことろにいくのでしょうか。

普段忙しい中でなかなか考えきれないところを、西郷さんに深く考えさせてもらいました。

 

 

-有名人から学ぶ超一流勉強法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

周有光(しゅうゆうこう)生誕112周年がGoogleトップロゴに!どんな人なの?

本日、2018年1月13日はGoogleトップロゴに周有光(しゅうゆうこう)さんが掲載されています。 生誕112周年ということですが、周有光さんはどんな方なのか調べてみました。 周さんは昨年2017年 …

二宮尊徳(二宮金次郎)の名言から考える勉教法

薪をかついで歩きながら勉教する姿で有名な二宮尊徳。 彼は、様々な名言を残しています。 遠きをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す。 貧者は昨日のために今日つとめ、昨年のために今年つとめる。それゆえ終身 …

忙しい社会人にも「5時間ルール」をすすめる3つの理由

忙しい社会人が勉強するというのは、なかなか大変なこと。 家に帰ってきたら、ストレスを発散して、何もかも忘れてゆっくりしたい。 そして、ゆっくり休んで疲れをとりたい。 そう考える方が多いですよね。 そん …

オリラジ中田さんから学ぶ すごい勉強法!!

オリエンタルラジオの中田敦彦は、頭脳派のお笑い芸人として活躍されています。   受験勉強について書いた『大合格 参考書じゃなくてオレに聞け』も反響を呼んでいますよね。 オリラジ中田さんの推奨 …

マックス・ボルンがGoogleトップロゴに!京大卒物理オタクが徹底解説します!

2017年12月11日のGoogleトップロゴはマックス・ボルンです。本日が、生誕135年になります。 わたしは京大で物理をかじってきた人間なので、マックス・ボルンは知っていましたが、この機に調べてみ …




管理人:Percy(パーシー)

・大手企業勤務
・京都大学物理工学研究科修士卒
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・QC検定準1級
・モットー:勉強で人生を変えていく
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなど気のおもむくままに。

プロフィール詳細はこちら


英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

夢中になれるから無理なく続けられる魔法のようなアプリ。続かなくて困ってきた方必見のアプリです。

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

TOEIC界の超人気カリスマ講師がTOEICの攻略方法を徹底解説。今からTOEIC勉強始める方は一度は見ておきたい講義が満載です。

着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。