有名人勉強法

周有光(しゅうゆうこう)生誕112周年がGoogleトップロゴに!どんな人なの?

投稿日:

Pocket

本日、2018年1月13日はGoogleトップロゴに周有光(しゅうゆうこう)さんが掲載されています。

生誕112周年ということですが、周有光さんはどんな方なのか調べてみました。

周さんは昨年2017年1月14日に亡くなられた方で、昨年までご存命でした。こちらの写真は2017年1月13日の写真です。亡くなられる前日とは思えない、表情です。


年齢は111歳というから驚きです。100歳を越えられてからも、盛んに著作活動を続けられていたそうです。

 

周有光さんは何をした人?

まず最初に、周有光さんは何をした方なのかをざっくり紹介しておきます。

周さんは「漢語ピンインの父」と呼ばれた方で中国の経済学者、言語学者、文学学者と多くの顔を持っておられました。

ピンインは、拼音と書きますが、中国で使われている漢字の発音のローマ字表記のことです。詳しくはこちらの動画をご参照ください。

 

周さんはピンインを国際標準にすることに多大な貢献をされた方です。

Googleトップロゴをよくよく観察してみると、「谷」「歌」という漢字がペラペラめくれていますね。

「谷歌」というのは、中国でのGoogleのブランド名です。

下のローマ字表記「Gŭgē」が「ピンイン」です。中国読みで「グーガー」と読むそうです。

ピンインによって、中国語が海外の文字に変換できるようになり、中国と海外の架け橋の役割を果たすようになりました。パスポートにもピンインが使われています。

周さんの功績は、ピンインにとどまりません。

勇敢に中国政府を批判し、民主主義の重要性を主張しました。文化革命の際には、亡命する憂き目にも合いましたが、困難に屈せず、多くの著書を残されています。

 

周有光の経歴

Wikipediaより抜粋しながら、周さんの経歴を紹介します。

1906年1月13日に中国江蘇省常州に生まれます。常州にある周さんの元邸宅です。

1923年に上海の聖ヨハネ大学に入学しますが、1925年に光華大学に移り、1927年に光華大学を卒業します。

華東政法大学に残る聖ヨハネ大学(上海)の旧建物

 

1933年には張允和さんと結婚されます。

そして、なんと1933年から日本に留学しています。留学先は、東京帝国大学と京都帝国大学。わずか2年という期間でしたが、日本に滞在されています。

1927年の京都帝国大学の写真。

周有光さんは中国語・英語・フランス語・日本語を操れたようです。日本語も入っているんですね。日本では、経済学を学ばれたようです。

1935年に留学生活を中断して帰国、光華大学で経済学を教えています。

戦後は欧米諸国や香港に滞在しますが、中華人民共和国が成立すると上海にもどって経済学の教授をつとめます。そのかたわら、文字改革に関する著作を発表します。

この著作が評価されて、1954年に文字改革委員会に招かれます。

これ以降は経済学をやめて文字改革の専門家として活動するようになります。

年齢は、ほぼ50歳。50歳から文字改革の専門家としての新たなスタート。すごいバイタリティです。

1979年にワルシャワで行われた国際標準化機構の会議上で拼音(ピンイン)を国際標準にすることを提案します。その結果1982年に ISO 7098 として標準化されました。

1980年代には『ブリタニカ百科事典』を中国語に翻訳するための委員をつとめます。また『中国大百科全書』の社会科学部分の総編集委員をつとめています。

1988年にシャープから拼音入力の中国語ワープロを贈られて以来、入力の問題にも関心を持つようになられたそうです。

 

106歳の頃の写真です。

 

周有光の発言

周さんがどんな発言をされてきたのか、いくつか引用します。

「共産党は民主が中国の国情に合わないと言うが、中国の国情に合わないのは共産党の方だ」

「毛沢東は何もよい事をしなかった」

「中国に民主制は適さない? 中国人は西洋料理を食べるのに適さないと言うぐらい、馬鹿げた言い方だ」

「腐敗官僚は捕まえねばならない。しかし腐敗官僚を捕まえることは、政府がよくなることを意味しない。問題は専制制度であり腐敗ではない。専制制度のもとでは必ず腐敗官僚が出てくる。民主制度では腐敗官僚が少ない。民衆が発言することができ、悪いことをすれば、次の選挙では投票しなくなるからだ。専制はだめだ」

歯に衣着せぬ真っ向勝負の発言をされてきたことがわかります。特に退職後は、共産党に対する批判を行い、民主主義の重要性を強調していました。

日本語の動画が見つからなかったので、中国語の動画を掲載しておきます。どんなお人柄か雰囲気がつかめます。

 

主な著書

周さんの著書を紹介します。

  • 『漢字改革概論』(文字改革出版社1961)

  • 『拼音化問題』(文字改革出版社1980)

  • 『漢字和文化問題』(遼寧人民出版社1999)

  • 『周有光語文論集』(上海文化出版社2002、全4巻)

  • 『周有光語言学論文集』(商務印書館2004)

  • 『周有光文集』(中央編訳出版社2013、全15巻)

ピンインの功績

周有光がその成立に多大なる貢献をしたピンインですが、ピンインはどれほどすごいものなんでしょうか?ピンインの功績について書かれてある記事を引用します。

『ピンイン』は、中国の子供や外国人が中国語という複雑な言語を学ぶ上で、非常に有用であり、パソコンや携帯で数万に及ぶ漢字を入力する上でも非常に重要な役割を果たしている」と伝えた。

「ピンインの父」と呼ばれる著名な言語学者・周有光氏が死去―中国

ピンイン(その名前は「音の綴り」と訳される)は、国じゅうで読み書き能力を大幅に改善してきました。中国語を学ぶ外国人が教室で感じていた苦痛を和らげ、視覚障害者には点字で言語を読めるようにしたのです。また、Zhou氏はピンインの開発を通じ、コンピューターのキーボードや携帯電話における中国語の素早い入力を予見し、また手助けをしてきました。

New York Timesに掲載されたZhou氏の記事

中国国内だけでなく、外国人が中国語を学ぶ上での大変重要な役割を果たしているんですね。さらに、PCへの打ち込みでも手助けになっているようです。

 

まとめ

周有光(しゅうゆうこう)さんを簡単に紹介させてもらいました。

日本にもゆかりがあった周有光さんでしたが、大きな功績はピンインの国際標準化でした。ピンインが中国語と海外の架け橋になり、中国の国際化に大きく寄与したわけです。

経歴を調べて何より驚かされるのは、年齢を気にせず、新しいことにチャレンジされるマインドです。

100歳を超えられてからも著作を続けられていたのですから驚きです。

そのマインドはおおいに見習うべきであり、年齢を言い訳にせず、あきらめてはいけませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-有名人勉強法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

松井秀喜に学ぶ勉強の方法、というか生き方 清原和博が告白する。

松井秀喜選手と言えば、「ゴジラ」の愛称で親しまれ、読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースで大活躍 …

no image

やる気がでる言葉

偉人たちの勉強に関するやる気が出る言葉を紹介します!   学べば学ぶほど、自分が何も知らな …

武井壮さんから学ぶ驚異的な勉強法

  百獣の王を自ら名乗り、抜群の身体能力ときれのあるトークでブレイクしている武井壮さん。 …

忙しい社会人にも「5時間ルール」をすすめる3つの理由

忙しい社会人が勉強するというのは、なかなか大変なこと。 家に帰ってきたら、ストレスを発散して、何もか …

マックス・ボルンがGoogleトップロゴに!京大卒物理オタクが徹底解説します!

2017年12月11日のGoogleトップロゴはマックス・ボルンです。本日が、生誕135年になります …

英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

管理人:Percy(パーシー)
・京大院卒
・センター試験偏差値70超え
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・モットー:勉強で人生を変えていく
・自称:勉強オタク
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなどなど
・勉強を本業と副業にリンクさせ、5年で年収が500万円UPしました。本業、副業で年収UPにつながる勉強ノウハウや投資、お金についてのお得な情報を紹介しています。

3ヶ月でTOEIC600点台から850点をとったわたしが、TOEIC800点獲得のための効率的な勉強ノウハウと対策をLINE@読者限定で配信しています!

友だち追加




着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。