TOEIC800点攻略法

社会人が超効率的にTOEIC(トイック)800点越えを目指す勉強法!

投稿日:

Pocket

2018年4月8日に実施された第229回TOEIC L&R 公開テストを受けました。

最近は、TOEICの勉強でブログ更新の時間がなかなかとれず、更新が滞っていました。

今回2年ぶりくらいの受験になりましたが、1ヶ月半ほどの期間、久しぶりに真剣にTOEICの勉強しました。その中で、みなさんにシェアできたらということがいくつかあったので、順次紹介していきます。

今回は、時間がない忙しい社会人が「超効率的に!」TOEIC800点越えを目指すための勉強法について紹介していきます。

 

超効率的な勉強のための基本方針

まずは、超効率的にTOEICの勉強を進めるための基本方針です。

  1. 良い参考書を使う
  2. 必要なことだけ勉強する
  3. 集中して勉強する

それぞれの項目について説明していきます。

 

良い参考書を使う

言うまでもなく、どんな参考書をベースに勉強するかで効率は大きく変わります。まずTOEICに適している参考書なのかどうかをよく吟味する必要があります。

TOEICはどんな試験なのか?

TOEICは、広く言えば、英語力をはかる試験ではありますが、TOEICが扱っている範囲は、英語力の中でも非常に限られた部分です。

特にターゲットとされているのは、英語を使ったビジネスシーンです。ですから、使用される単語や、会話、長文の内容もビジネスシーンがメインになってきます。

これは、小説、科学などその他の分野で頻出する単語がTOEICではほとんど出てこないということを意味しています。

TOEICの勉強をある程度やってきた方なら分かると思いますが、TOEICに出てくる単語は結構範囲が限られており、何度も目にするTOEIC頻出単語がというものがあります。

 

おすすめ単語帳

ですから、単語帳で言うと、そういったTOEICの傾向をきちんとおさえた単語帳を使うのが絶対、効率的です。同じ3000語を覚えるのも、ほとんどがTOEIC頻出という単語帳と、半分がTOEIC頻出という単語帳では、同じ労力を使っても効果は半分ということになってしまいます。

忙しい方にとっては、何とか捻出した貴重な勉強、しかも疲れた体を奮い立たせて頑張って覚えた単語の半分が使えないとなると、涙がちょちょぎれてしまいますよね。。

そうならないためにも、TOEICの傾向をおさえた単語帳を使用してください。

オススメできる単語帳を紹介します。

まずは「キクタン」シリーズです。

TOEIC頻出の単語がしっかり収録されています。

TOEICで高得点とるためには必須になるパラフレーズ(言い換え)を抑えられるように、同義語や反意語も収録されています。

 

次は、TEX加藤さんが出されている「出る単特急 金のフレーズ」。エッセンスをぎゅっとつめていて、おさえるべき単語、フレーズをおさえられます。TEX加藤さんのコメントもユーモアたっぷりで笑えてきます。

単語帳は上記をやって、あとは問題集で出会った分からない単語を拾っていけば、少なくとも800点までに必要十分でおつりが来るレベルです。

 

おすすめ問題集

そして、問題集ですが、何といっても、公式問題集です。

これは外せません。なぜなら、TOEICを作っているETSが出している問題集だからです。TOEICという試験のすべてを知っているETSですから、だれもかなうはずはありませんよね。TOEICは世の中の流れにあわせて、出題形式を変えています。最近では、チャット形式の長文問題はほぼ必ず出ていますよね。

そのように時代とともにTOEICの出題形式も変わってくるので、それに一番早く追いついているのは公式問題集であることは間違いありません。

また、リスニングのナレーターも本試験のナレーターと一緒ですので、スピードやアクセントにも慣れることができます。

 

必要なことだけ勉強する

超効率的に勉強するために必要なこととして、次にあげたのは、「必要なことだけ勉強する」です。

勉強していると不安になって、いろんな参考書に手を出したくなったり、ネットでいろいろな情報を探してしまいます。

その度に参考書を変えたり、勉強法を変えてしまう人がよくいらっしゃいますが、それは大変効率が悪いです。

なぜ、効率が悪いのかについて説明していきます。

TOEICはリスニング45分、リーディング75分、合計2時間という限られた時間の中で回答していく必要があります。

しかも、文量は多く、時間内にすべての問題を解き終えることができるのは、900点近くの力をもっている人に限られます。これは何を意味しているかというと、TOEICは短時間で英文から情報を読み取り、判断する力をテストしているということです。

英語をじっくり読んで、じっくりと意味を味わって、答えるという性格のテストではないということです。このことをよく頭に入れておいてください。

ですから、TOEICで使える知識というのは、すぐに意味が分かる知識だけということになります。単語や熟語、文法を見て、3秒以内で分かるものしか使えないと言っても過言ではありません。

 

あ、この単語、どこかで見たことあるなぁ、、

なんだったけなぁ、、、

 

と考えているだけで、あっという間に1分、2分が経過していきます。

これは800点を狙うのであれば、致命的な損失です。

ですから、すぐに思い出せない単語や文法はあきらめて次の問題にいくのが鉄則です。

 

TOEICで高得点をとるためには、すぐに意味がわかるところまで単語の理解度を高めていくことが求められるということです。

あれもこれも広く覚えるというよりは、すばやく意味がわかる知識を着実に押さえていく方がスコアアップが期待できる、勉強法なのです。

なかなか思うようにスコアがあがらずに焦ってくると、ついついいろいろな方法を試したくなりますが、同じ参考書を何度も何度も完璧になるまでやりきるのが超効率的な勉強法です。

例えば、リスニングであれば、Part3やPart4の長文を精読し、全ての意味、構文をとれるようにした上で、オーバーラッピング、そしてシャドーイングをします。

オーバーラッピング、シャドーイングについては別記事で紹介しますね。

何度も何度もシャドーイングして、ほぼ覚えるところまでやるというのが理想です。

ここまでやって完璧という段階です。

 

集中して勉強する

最後にお伝えしたいのが、「集中」の大切さです。

集中して勉強しないとなかなか実力はあがりません。

 

リスニングを引き合いに出しますと、最終的にリスニング力アップを左右するのは、連結音や弱音など、Nativeじゃないとなかなか聞き取れない音を聞き取る力ということになってきます。

これは、シャドーイングやディクテーションなどによってレベルアップすることが可能ですが、何のためにシャドーイングやディクテーションをするかというと、集中力をあげるためなのです。

つまり、自分のもっている集中力を極限的に聞くところに集中させるために、シャドーイングやディクテーションという手法を使うわけですね。

目的は「集中」ということです。

集中することで、自分の限界を越えることができるわけです。

集中しないと、自分の限界に向き合うことはできませんから、成長は期待できません。したとしても、非常に遅いスピードです。

 

読解も同じことが言えます。

スピードが求められるTOEIC試験において、極限的にスピードを意識した長文読解をやってこそ、読解のスピードをあげていくことができます。

 

しかし、

 

忙しく、疲れた社会人にとって勉強に集中するのは大変!

 

本当によく分かります。

 

 

わたしが集中するのに役立った方法を2点紹介します。

1.時間をはかる

やりたくないなぁ、と思っていても、ストップウォッチのタイマーをぴっと押すと、とりかかって、結構エンジンがかかることもあるものです。

迷っているうちにタイマーを押してしまいましょう!

 

2.スマホの利用

単語や教材でいくつかスマホを使っていますが、スマホを使う利点は、勉強のハードルを下げてくれて、疲れているときでも、勉強できるようにしてくれることです。

最初のハードルを越えると続けていけるんですよね。

おすすめのアプリを紹介しておきます。

単語帳メーカー

 

 

 

自分で単語帳を作れます。

覚えにくい単語を入れておけば、すきま時間にささっと見ていくことができます。

単語を覚えるにはもってこいのアプリです。

単語帳をいつも持ち歩くのは大変なことも多いので、隙間時間にささっと単語を何度も見返すのに役立ちます。無料ですので、興味ある方はぜひ使ってみてください!

 

スタディサプリEnglish

わたしはスタディサプリEnglishの愛用家で、今回の勉強でもたくさんお世話になりました。

スタディサプリEnglishのTOEICコース編には月1回追加される実践問題集があります。

 

Part1〜7のすべてのPartに対応しています。

 

こちらはPart5の画面です。

 

制限時間が表示されるので、始めるとスイッチが入ります!

 

一問ずつ解答と解説が出ます。

丁寧な解説なので、間違ったり、自信がない問題はチェックしていきます。

 

ちょっとした隙間の時間で問題演習できるのも、スタディサプリの良い点です。

忙しい社会人が効率的にTOEICの勉強するのには、とてもよくできた教材なので、興味ある方はぜひ試してみてください。1週間無料体験ができます。


 

まとめ

ということで、今回の記事では、社会人が超効率的にTOEIC800点越えを目指す勉強法について紹介しました。

みなさんの勉強にお役に立てたら幸いです。

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました!

-TOEIC800点攻略法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

TOEIC(トイック)800点に必要な単語を1ヶ月で確実に覚える全手法

TOEIC800点を目指す際に、まず先にすべきことは単語の暗記です。 単語を覚えた上で、リスニングや …

TOEIC600点台から800点超えの全手法〜STEP1・マインドセット編〜

TOEIC600点台でもう少し勉強してスコアを上げたいと思っているなら、800点超えを目指しましょう …

TOIEC800ホルダーがスタディサプリEnglishをやった結果 何がおこった?850点を達成できた方法を公開します

リクルートのスタディサプリはかなりおすすめできる教材です。 これまでいろいろな参考書や教材を試してき …

なぜTOEIC(トイック)800点の壁を越えられなかったのか、越えてみてわかった3つのこと

わたしはTOEICの点数は700点前後をうろうろしていて、なかなかそれ以上あがりませんでした。 しか …

スタディサプリでTOEICの勉強をするのは効果あるのか?にお答えします【学習回数2000回超えのヘビーユーザ視点です】

スタディサプリEnglishのTOEICコースは、リクルートが提供するTOEIC学習用のアプリです。 …

英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

管理人:Percy(パーシー)
・京大院卒
・センター試験偏差値70超え
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・モットー:勉強で人生を変えていく
・自称:勉強オタク
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなどなど
・勉強を本業と副業にリンクさせ、5年で年収が500万円UPしました。本業、副業で年収UPにつながる勉強ノウハウや投資、お金についてのお得な情報を紹介しています。

3ヶ月でTOEIC600点台から850点をとったわたしが、TOEIC800点獲得のための効率的な勉強ノウハウと対策をLINE@読者限定で配信しています!

友だち追加




着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。