マイホーム

注文住宅の価格を安くできる厳選5つの方法を紹介!

投稿日:

Pocket

注文住宅で住宅を建てる場合は、建売や中古物件に比べて値段が高くなってしまいます。

自分の生活スタイルや価値観にあわせた間取り、設備、材質、色などが選べるので当たり前と言えば当たり前ですが、極力、価格を安くできるところは安くしたいところですよね。

わたしが注文住宅を建てた際に価格を安くするために役立った方法を厳選して紹介していきます。

交渉で底値を引き出す

交渉の方法についてはこちらの記事で書いていますので、こちらを参考にしてください。

注文住宅で100万円を費用削減した交渉術

ハウスメーカーや工務店の中には、最初に提示された価格から全く値引きに応じないところもありますが、大概は結構な値引きが可能です。

粘り強く交渉することが重要です。

効果:50〜200万円

気をつける点:営業さんとの関係が悪くならないように

 

割引き特典をつける

営業さんの関係がよくなれば、何とかあなたの家を少しでも値引きしたり、良い設備を入れた仕様にしたいと考えてくれます。

しかし、営業さんの権限できるところは限られています。

そのために利用したいのは、割引き特典です。

割引き特典は、営業さんが社内の承認を得ることができますので、すんなり進みます。

ハウスメーカーがやっている展示場に行ったり、応募してみたり、ひとまず特典になりそうな情報を営業さんに聞いてみてやれることはやってみましょう。

わたしは、展示場に行くことで、フローリング材と玄関扉のグレードアップを無料でできるようになりました。

効果:30万円

気をつける点:情報を逃さない

 

照明を自分で準備する

ハウスメーカーや工務店で照明をお願いすると、そこに落ちるマージンが必ず発生します。例えば、10000円の照明を買ったとしても、2000円分をマージンとしてメーカーにとられ、こちらが払う費用は12000円になってしまいます。

これなら、あなたが直接10000円で照明を購入した方が2000円お得になります。

しかし、ハウスメーカーで頼むメリットとして、大量購入により値引きがあります。

その辺りはハウスメーカーが出してくる価格と、自分で買う場合の価格を比較してみたら良いですが、一度、照明は自分でも探してみるというのをステップに入れると良いかと思います。

私は一部の照明は自分で購入することにして、結構値引きができました。

照明を安く購入するのにおすすめはこちらのページです。

相当な値引きですので、おそらく、お得になるはずです。

ただし、照明の取り付けは注意が必要です。

ハウスメーカー支給はハウスメーカーの方で取り付け段取りをやってくれますが、自分支給になると、基本的に自分でやらなければなりません。

ダウンライトは自分でやるには結構大変です。

自分で照明を支給して、取り付けだけをハウスメーカーに段取りお願いする手もあるかと思いますが、それで総額が安くなるか要確認ですね。

効果:5万円

気をつける点:照明の取り付けについて

 

カーテンを自分で準備する

こちらも原理は照明と同じです。

ハウスメーカーや工務店でカーテンを紹介されることもあるかと思いますが、マージンが発生するので、安くすることが可能なことが多いです。

自分で支給する際に検討したのは、地元のおしゃれなインテリアショップ、ニトリ、カーテン王国。

最終的にはカーテン王国にしました。

カーテン王国は種類も多く、高級なものからリーズナブルなものまで選ぶことができますので、リビングや良いもので2階はリーズナブルなものという組み合わせが可能です。

カーテンレールの取り付け、カーテンの取り付けもしっかり現場で採寸して、やってくれて、安心感がありました。

スタッフの方の対応も非常に良かったので、おすすめです。

カーテン王国で検討してみたい方はこちらから

効果:5万円

気をつける点:カーテンの取り付け、採寸をどのようにやってくれるか確認する

 

注文住宅の業界を知る

交渉を有利に進めるために必須の情報が注文住宅の業界に関する知識です。

気に入ったハウスメーカーの情報だけしか知らないと、交渉する際に値引きを進められなくなってしまいます。

例えば、Bハウスメーカーでは、断熱性能が高く、床暖完備で坪単価が○○円。という情報を知っていたら、Aハウスメーカーに対して、次のように交渉することが可能になります。

「Aハウスメーカーさんの外観や設計にはとても満足して、こちらで検討したいと考えていますが、Bハウスメーカーさんは断熱性能がよく、床暖も完備していて、坪単価がAハウスメーカーさんと同じです。冬の寒さを考えると、断熱性能や床暖に惹かれているんですよね。。。」

こんな感じで営業さんに投げかけてみると、営業さんは何とか、Bハウスメーカーに対するアドバンテージを出さないとと真剣に提案を考えてくれるはずです。

このような感じで、業界に関する情報があると交渉を有利に進めることが可能になります。

そのためには、幅広く、ハウスメーカーや地元の工務店の情報を集め、気に入ったところには展示場に足を運び直接情報を聞くことをおすすめします。

効率よく注文住宅の情報を収集するのにおすすめのページはこちら

ただ気をつけてほしいのは、多くの展示場に行き過ぎると、情報がキャパをこえてしまい、処理しきれなくなる可能性があります。わたしの感覚ですが、多くても4社くらいかと思います。

効果:50〜200万円

気をつける点:多くのハウスメーカーや工務店の展示場に行きすぎない

 

まとめ

今回は、注文住宅の価格を安くするための方法を紹介しました。

予算の大枠を決めて、譲れないところには使い、妥協できるところは価格を下げていくということが重要だと思います。

まずは、予算を決めて、その上で大切にしたいところをご家族ともよく話してみることをおすすめします。

 

-マイホーム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

マイホームで後悔しないためにこれだけは気をつけてほしいこと

わたしはマイホームを建てて1年8ヶ月になります。 慎重派の性格なもんですから、建てる前はいろいろな情 …

注文住宅の間取りで失敗した3つのこと

注文住宅で家を建てると家の仕様について何から何までほとんど自分で決めることになります。 その中でも特 …

注文住宅で100万円を費用削減した交渉術

マイホームを建てる上で、やっておきたい費用削減。 ただ、費用をかけるべきところにケチりすぎてもいけな …

住宅展示場行って失敗する人は?新築考えている人に伝えたいこと

新築でマイホームを検討している方は一度住宅展示場に行くことをおすすめしています。 ハウスメーカーの特 …

英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

管理人:Percy(パーシー)
・京大院卒
・センター試験偏差値70超え
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・モットー:勉強で人生を変えていく
・自称:勉強オタク
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなどなど
・勉強を本業と副業にリンクさせ、5年で年収が500万円UPしました。本業、副業で年収UPにつながる勉強ノウハウや投資、お金についてのお得な情報を紹介しています。

3ヶ月でTOEIC600点台から850点をとったわたしが、TOEIC800点獲得のための効率的な勉強ノウハウと対策をLINE@読者限定で配信しています!

友だち追加




着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。