プレゼン

【錯覚資産】出世するプレゼンのコツ【ちょっとした工夫が運命を変える】

投稿日:

Pocket

錯覚資産シリーズです。

錯覚資産とは、ふろむださんが書かれた本「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」に登場するワードです。

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」は、一種の資産として機能するということだ。本書では、これを「錯覚資産」と呼ぶ。

この錯覚資産をうまく活用し、錯覚資産を指数関数的に増やすことで、人生成功できるということが、本の中で主張されています。

わたしはいわゆる一流企業で、出世トップグループにおりますが、この「錯覚資産」は間違いなく出世に欠かせないと断言できます。

錯覚資産シリーズでいくつか記事を書いていきたいと思っていますが、今日は、プレゼン編。

 

プレゼンで成果は180度変わることを肝に銘じるべし

ビジネスが複雑化し、分業化されている場合、成果をはかるのは非常に難しいです。

実力主義、成果主義が正義のように叫ばれますが、何をもって実力と言うのか、何をもって成果と言うのかは非常に難しく、議論に終わりはありません。

建前は、実力、成果で評価をしているということになっていますが、実際のところ、感覚、印象、性格などの要素は非常に大きいです。

これは現実として受け止めるべき事実です。

実力、成果を出せば、評価してくれると考えて、人当たりが悪く、成果をPRしようとする姿勢がなければ、サラリーマンの世界で出世をするのは非常に難しくなるのは間違いありません。

特に重要なのは、プレゼンです。

プレゼンは、堂々と、大きな声でみたいな一般的な王道があります。これはこれで間違いありませんが、重要なのは、ふろむださんが言われる「錯覚資産」をいかにうまく作り出せるかです。

この人は、なんかすごそうだな、仕事できそうだな、と思わせるプレゼンということです。

プレゼンで「錯覚資産」を作り出せるか、作り出せないかで、人生は180度変わると言っても過言ではありません。

 

どうやってプレゼンで「錯覚資産」を作り出すか

どうやって具体的にプレゼンで「錯覚資産」を作り出せばよいのか。

3つの気をつける点を説明していきます。

1.ストーリーをもたせる。

本からの引用

すべての情報を与えられるより、一貫して偏った情報だけを与えられたほうが、魅力的で説得力があり正しいと感じる認知バイアス。

正直すぎる人は、全部の情報をプレゼンにいれたがります。

しかし、出世する人は、ストーリーを作るのに都合よい情報を拾ってきて、ストーリーを作ります。

もし、あなたがストーリーを作るよりも、矛盾する情報も全部混ぜ込みたい思いがあるのなら、錯覚資産を作るという観点では、マイナスな思考なので、ぜひ改めましょう。

もちろん、ストーリーにあわない情報も入れないといけないという良心の呵責を感じることはあると思います。

しかし、そこは、うまく入れていけばよいんです。

一通り、ストーリーを作って、聴衆を酔わせたところで、いくつか、こんな情報もあるが、こういった検討をしていくなどと、ストーリーに傷をつけないように触れるというテクニックです。

あまりにも一貫したストーリーすぎると、できすぎではないか、という考えを持つ人も出てくるので、最後に、そういった情報を付け加えた方がすっきりすることが多いです。

 

2.仮設でも原因を述べる

人は過剰に原因を求める性質があります。

何かの事例があったときに、原因があると安心します。

たとえそれが、合っていようが、間違っていようが、原因と思われるものがあるだけでひとまず安心します。

そしてそれが錯覚資産になります。

「この人は、ちゃんと原因も考えている人だ。」

→「仕事もできる人だ。」

というベクトルですね。

プレゼンする際には、みんな原因を知りたがっていることは肝に銘じるべきです。

それを間にいれてあげたり、質問された時に答えられるようにするだけで、錯覚資産は増えていきます。

 

3.結論を導き出す

そして、人の特性として、過剰に結論を求める、というものがあります。

「結局何が言いたいの?」

特に偉い人になればなるほど、この問いは大きくなります。

最後の結論が曖昧だと、それまでのストーリーの組み立てや、調査、分析が優秀でも、しょぼいな、という印象を与えてしまいます。

なかなか導ききれない状況でも、その時点での結論を持ってくるべきです。

「今の時点では、こう考えています!」

ときっぱり話しましょう。

これで、錯覚資産が増えます。

 

まとめ

今回は、錯覚資産を増やすためのプレゼンの方法について紹介しました。

あなたの回りで出世をしている人をよく観察してみてください。

このプレゼンの方法を習得している人がほとんどだと思います。

これは本当の実力というよりも、方法論、テクニックです。

ちょっと意識して、毎回積み重ねていくだけで、周囲のあなたへの見方が変わっていくことは間違いありません。

プレゼンに苦手意識がある方は、ぜひ実践してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

-プレゼン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プレゼンが上手な人は知っている3つのこと

サラリーマンになると避けて通れないのがプレゼン。 何かにつけてプレゼンが求められることが多いですよね …

英会話の勉強が続かなくて悩んでいる方におすすめ

スタディサプリEnglish日常英会話


スタディサプリ体験レビュー

月額:980円
1週間無料お試し期間あり

TOEICを効率的に攻略したい方におすすめ

スタディサプリEnglish TOEIC


スタディサプリ体験レビュー

月額:2,980円
1週間無料お試し期間あり

管理人:Percy(パーシー)
・京大院卒
・センター試験偏差値70超え
・大学院試験学部2位通過
・TOEIC850点
・モットー:勉強で人生を変えていく
・自称:勉強オタク
・最近勉教していること:TOEIC900点、英会話、脳科学、AI、機械学習、ディープラーニングなどなど
・勉強を本業と副業にリンクさせ、5年で年収が500万円UPしました。本業、副業で年収UPにつながる勉強ノウハウや投資、お金についてのお得な情報を紹介しています。

3ヶ月でTOEIC600点台から850点をとったわたしが、TOEIC800点獲得のための効率的な勉強ノウハウと対策をLINE@読者限定で配信しています!

友だち追加




着実に英会話の実力アップをしたい方におすすめ

ネイティブイングリッシュ



体験レビューはこちら

価格:29,800円(税込み)
返金保証:あり
返金期間:60日間

英会話教材満足度1位の人気教材です。量、質ともに圧倒的です。真剣に取り組めば、ネイティブの感覚を養いながら英会話が習得できます。しっかり続ける意思を持っている方にチャレンジしてほしい教材です。